ダンスの歴史

ジャズダンスにヒップホップ

ジャズ時代にもアンブラップのダンスは名称がありジャズダンスとは言ってなかったようです。

ショーダンスやモダンダンスをする人が商売するのに都合が良い名称だったので使ったのでしょう。

ヒップホップも無関係のようなものに使われているのと似ています。

アンブラップのダンスは社交ダンスとして発展した。

1960年代はリズム&ブルースの流行で多くのダンスが生まれました。

その上、アンブラップのダンスは個人の能力でダンススタイルが違います。

流行のダンスをシンプルに踊るのは稀で、同系のダンスを混ぜて踊るのが普通です。

長く踊って多くのダンスを知るほど応用ができて楽しめます。

男女で踊るのが基本なのですが、その楽しさも踊れなければわかりません。

1980年頃、ブレイクダンス流行でDJとラッパーが台頭してダンス音楽に変化が生じてきました。

DJプレイやブレイクダンスでパフォーマンスすることが好まれるようになったからです。

1990年のニュージャック・スイングを最後に曲調でダンスすることは少なくなりました。

この頃から踊るのを楽しむのではなく、パフォーマンスを見せて楽しむようになったのです。

それは芸能界のアンブラップも同じでした。稼げるスタイルに変えたのです。

それは楽しむダンスを失うことにもなったのです。

アンブラップのダンス上手が減りました。相手に合わせて質を落とせば自らに降りかかるのです。

アンブラップがダンスの型を知らないのでダンス音楽が生まれないのです。

そしてダンスを踊れないのでDJも曲がわからないのです。

ヒップホップと言われているビート主体の曲が多くなりダンス好きにはつまらない時代なのです。


ダンスはパフォーマンスへ!

アンブラップのダンスはポップロックの進化などで見せるダンスへ変化しました。

ニュージャックの誕生やモラルの低下で、見せることに特化したパフォーマンスが増えたからです。

2000年頃までは一部のラップ歌手などが、フリーのダンススタイルで活動していましたが、

アンブラップの多い所だけのことで、一般向けや海外では少なかったのです。

メディアは見ても理解できない一般人に受けるものを紹介するようになったからです。

ダンスの一部を取って応用したパフォーマンスをダンスと言ったり、

見ていられないほど酷い動きをダンス上手とコメントする司会やタレントが多すぎます。

何が良くて何が可笑しいかを自らが勉強しなくなったのが原因なのでしょう。

世代が変わり親も子供もダンスとパフォーマンスの区別がつかなくなってしまいました。